建築防水 屋上仕上材 太陽光関連 防水改修 土木防水 戸建住宅 コンペ 会社概要 HOME
屋上仕上げ材 屋上緑化 PFシステム ピロブロック カチトール トップタイト
屋上仕上材屋上緑化防水層の選択
屋上緑化システム カナート
防水層の選択
屋上緑化工法における防水層の選択

屋上緑化において、緑化システムの中には常に水が滞留することが考えられます。そのため、確実な水密性と耐久性を併せ持った防水層の選択が極めて重要となります。日新工業(株)では、ルーフィング類を低煙・低臭タイプのアスファルトで積層するピロウエルド新熱工法の採用を推奨します。(以下参照)

※立上りを露出防水仕上げとした場合


■ピロウエルド新熱工法(環境保全型アスファルト防水工法)

FP-2

  1 2 3 4 5 6
平場 プライマーAQ
0.2kg/m2
ピロウエルドE シグマートE
1.2kg/m2
SPストロング シグマートE
1.5kg/m2
立上り プライマーAQ
0.2kg/m2
SPテープ
(コーナー増張り)
シグマートE
1.2kg/m2
シェーン20 シグマートE
1.2kg/m2
シェーンサンド30F

*詳細は、専用力夕ログをご参照ください。


■(社)日本建築学会 JASS8 仕様対応

AK-PS

  1 2 3 4 5 6
平場 アスファルト
プライマー
0.2kg/m2
ピロウエルドE マルエス
コンパウンド6号
1.0kg/m2
SPビニロン70S マルエス
コンパウンド6号
1.0kg/m2
マルエス
コンパウンド6号
1.0kg/m2
立上り アスファルト
プライマー
0.2kg/m2
マルエス
コンパウンド6号
1.0kg/m2
ニューメルタン15 マルエス
コンパウンド6号
1.2kg/m2
SPサンド

*詳細は、専用力タログをご参照ください。


*上記は全て立上りを露出仕上げにしたものです。


資料請求 サイトマップ ダウンロード お問い合せ

privacy policy

特長 製品紹介 施工方法 CT-2 CT-3 CT-4S