資料請求 サイトマップ ダウンロード お問い合せ
建築防水 屋上仕上材 太陽光関連 防水改修 土木防水 戸建住宅 コンペ 会社概要 HOME
建築防水 製品紹介 建築防水とは 施工実績 技術資料 CADダウンロード
トップ建築防水製品紹介シート防水塩化ビニル樹脂系

塩ビシート防水工法
メカファイン

(約5.8MB)


(約83KB)

「性能」「品質」「環境」を最優先に考え、材料物性のみならず、施工の信頼性にも重点をおいた「メカファイン」が開発されました。
接着工法だけでなく、電磁誘導加熱装置を使用した機械的固定工法の採用により、水密性はもとより耐風圧性の向上を実現した「メカファイン」は、新築・改修のいずれの工事においても対応可能な優れた防水システムです。
メカファイン
特長
1.溶着接合による水密性を高めました。 2.改修工法に適した工法です。 3.耐久性に優れた軟質塩ビシートを採用しています。 4.建物への負荷を軽減しました。
接着工法
接着剤(ニトリルゴム系あるいはエポキシ系)を使用し、下地に直接張り付ける最も一般的な工法です。
仕様記号 MF-15F
用 途 非歩行※1
シート厚み 1.5mm
適応部位 陸屋根、勾配屋根、バルコニー等
適応下地 RC、PC、ALC

※1.非歩行:メンテナンス程度の歩行に耐えうる防水

※2.立上りの仕様は、仕様記号の最後にVを追記します。

平場の工程 立上りの工程※2
下地処理 ALC下地の場合はロンバインダーを0.15kg/m2塗布 下地処理 ALC下地の場合はロンバインダーを0.15kg/m2塗布
目地処理 ALC、PC下地の場合はロンテープMを使用 接着剤の塗布 MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面)
接着剤の塗布 MFボンドEP 0.35~0.45kg/m2(下地面のみ)・MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面) シートの施工 ニューMFシート15
シートの施工 ニューMFシート15 シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着
シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着 シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱
シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱 端末・入隅処理 MFコーナーパッチ小(熱融着)、アルミアングル、ブチルテープ、変成シリコン材等
接着断熱工法
下地に断熱材を張り、その上にMFシートを接着剤で張り付ける工法です。
(吸水率の低いポリエチレン系断熱材を採用した仕様です)
仕様記号 MF-150F
用 途 非歩行※1
シート厚み 1.5mm
適応部位 陸屋根、勾配屋根
適応下地 RC、PC、ALC

※1.非歩行:メンテナンス程度の歩行に耐えうる防水

※2.立上りの仕様は、仕様記号の最後にVを追記します。

平場の工程 立上りの工程※2
下地処理 ALC下地の場合はロンバインダーを0.15kg/m2塗布 下地処理 ALC下地の場合はロンバインダーを0.15kg/m2塗布
接着剤の塗布 MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面) 接着剤の塗布 MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面)
断熱材の施工 ポリエチレン系断熱材(断熱材ジョイントはジョイントテープ処理) 鋼板の固定 MFP-H15鋼板等の固定
接着剤の塗布 MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面) シートの施工 ニューMFシート15
シートの施工 ニューMFシート15 シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着
シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着 シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱
シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱 端末・入隅処理 MFコーナーパッチ小(熱融着)、アルミアングル、ブチルテープ、変成シリコン材等
接着断熱工法(軽歩行タイプ)
下地に断熱材を張り、断熱材と無機質強化板をディスクで固定し、その上にMFシートを接着剤で張り付ける工法で、軽歩行が可能な仕様です。
仕様記号 MF-200FP
用 途 軽歩行※1(シート厚みは2.0mm)
断熱材 ポリスチレンフォーム
(BKボードE・カネライトフォームEIII)
適応部位 陸屋根、バルコニー等
適応下地 RC、PC、ALC

※1.軽歩行:びょうのない革靴、ゴム底靴、スリッパ等による歩行で比較的限定された人のみの歩行

※2.下地の形状によって、MFP鋼板を使い分けてください。

※3.立上りの仕様は、仕様記号の最後にVを追記します。

平場の工程 立上りの工程※3
断熱材の施工 BKボードE・カネライトフォームEIII・シェーンボード 下地処理 ALC下地の場合はロンバインダーを原液換算で0.15kg/m2で塗布
OLパネル敷設・目地処理 OLパネル敷設後、MFボンドN(下地面のみ)塗布+ロンテープMで目地処理 接着剤の塗布 MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面)
ディスク板・鋼板固定 MF-BSディスク、MFP鋼板※2、MFプラグ(エポキシ樹脂注入) 鋼板の固定 MFP-H15鋼板等の固定
接着剤の塗布 MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面) シートの施工 MFシート20
シートの施工 MFシート20
シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着
シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着 シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱
シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱 端末・入隅処理 MFコーナーパッチ小(熱融着)、アルミアングル、ブチルテープ、変成シリコン材等
機械固定工法
MFシートを固定金物で機械的に下地に固定する工法です。下地の影響を受けにくく、既存防水層の被せ改修にも適した工法です。
立上り部の施工は、接着工法あるいは機械固定工法のいずれかを採用いただけます。
仕様記号 MF-15M
用 途 非歩行※1
シート厚み 1.5mm
適応部位 陸屋根、勾配屋根、バルコニー等
適応下地 RC(エアピン適応可)、PC、ALC、既存防水層下地

※1.非歩行:メンテナンス程度の歩行に耐えうる防水

※2.新築時はMFクロスを省略することができます。

※3.ディスク板を後打工法とする場合は弊社担当者までお問い合わせください。

※4.下地の形状によって、MFP鋼板を使い分けてください。

※5.立上りの仕様は、仕様記号の最後にVを追記します。

平場の工程 立上りの工程※5
絶縁緩衝シートの施工 MFクロス※2(必要に応じて、仮固定用接着剤ファインタックセメントを使用ください) シートの施工 [接着工法の場合]:MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面)
[機械固定の場合]:塩ビ鋼板へ溶剤溶着
ディスク板・鋼板固定 MFディスク※3、MFP鋼板※4、MFプラグ(エポキシ樹脂注入) シートの種類 ニューMFシート15
シートの施工 ニューMFシート15 シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着
シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着 シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱
ディスク板とシートの融着 メカポットによる電磁誘導加熱融着
端末・入隅処理 MFコーナーパッチ大(熱融着)、アルミアングル、ブチルテープ、変成シリコン材等
シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱      
機械固定断熱工法
MFシートと断熱材を固定金物で機械的に下地に固定する工法です。
仕様記号 MF-150M
用 途 非歩行※1
シート厚み 1.5mm
適応部位 陸屋根、勾配屋根、バルコニー等
適応下地 RC、PC、ALC、既存防水層下地

※1.非歩行:メンテナンス程度の歩行に耐えうる防水

※2.断熱材がシェーンボードの場合は、MFクロスを省略することができます。

※3.ディスク板を後打工法とする場合は弊社担当者までお問い合わせください。

※4.下地の形状によって、MFP鋼板を使い分けてください。

※5.立上りの仕様は、仕様記号の最後にVを追記します。

平場の工程 立上りの工程※5
接着剤の塗布 USボンドA 0.2kg/m2点張り シートの施工 [接着工法の場合]:MFボンドN 0.4~0.6kg/m2(両面)
[機械固定の場合]:塩ビ鋼板へ溶剤溶着
断熱材の施工 BKボードE/カネライトフォームEIII/シェーンボード シートの種類 ニューMFシート15
絶縁緩衝シートの施工 MFクロス※2(必要に応じて、仮固定用接着剤ファインタックセメントを使用ください) シートの接合 MF溶着剤 又は 熱融着
ディスク板・鋼板固定 MFディスク※3、MFP鋼板※4、MFプラグ(エポキシ樹脂注入) シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱
シートの施工 ニューMFシート15 端末・入隅処理 MFコーナーパッチ大(熱融着)、アルミアングル、ブチルテープ、変成シリコン材
シート接合 MF溶着剤 又は 熱融着      
ディスク板とシートの融着 メカポットによる電磁誘導加熱融着
     
シート接合部の処理 MFシーリング・MFシーリング遮熱      
戻る

privacy policy