資料請求 サイトマップ ダウンロード お問い合せ
建築防水 屋上仕上材 太陽光関連 防水改修 土木防水 戸建住宅 コンペ 会社概要 HOME
会社概要 社長あいさつ 企業理念 ISOについて 概要 日新の歴史 採用案内 福利厚生  営業所案内
トップ会社概要日新の歴史 日新の歴史

1922
(大正11年)
佐久間建材工業所を設立。
マルエス印ルーフィングの製造、販売を開始。
1922
1923
(大正12年)
ルーフィングを増産し災害復興に協力する。
山形製紙(株)ルーフィング原紙の製造を開始する。
1926
(大正15年
・昭和元年)
東京府高田町に製紙工場を建設。 1926
1927
(昭和2年)
「アスファルトルーフィング」製造装置 特許登録第4477号。日・英・米三ヶ国の特許を順次取得する。
一貫生産製造装置(ルーフィングシングルマシン)を開発。
復興建設にマルエス印が評価される。
1927
1928
(昭和3年)
「アスファルトフェルト」製造装置特許登録第75627号。
1929
(昭和4年)
キャンバスルーフィング特許登録第80812号。ノーコルーフィング特許登録第81408号。
速水商店は佐久間建材工業所に合併。佐久間建材工業所、大阪出張所開設。
国会議事堂の防水工事にマルエス印レンフォースドルーフィングが使われる。日本銀行第一次増築工事に特許マルエス印ノーコルーフィングが採用される。
1930
(昭和5年)
砂付ルーフィング特許登録第86731号。ワイヤールーフィング特許登録第86831号。
米国パラフィンカンパニー社の招きで佐久間栄吉、大阪マルエス工業(株)社長志垣正次氏と共に米国・カナダを視察する。
東京府下綾瀬に工場建設に着手。国産奨励の国策を通牒する。
1931
(昭和6年)
米国パラフィンカンパニー社と資本提携し合併会社佐久間パブコ工業(株)を設立。国内はもちろん満州、中国、朝鮮半島、印度方面まで輸出をのばす。
1931
1931
1934
(昭和9年)
関西地方に室戸台風が上陸、全・半壊家屋82,323戸の被害が出る。多くの罹災者にルーフィングが行き渡るよう協力する。
1936
(昭和11年)
大阪のマルエス工業(株)、佐久間パブコ工業(株)大阪支店に移行する。
佐久間パブコ工業(株)、京橋区銀座西3丁目菊正ビル6Fに移転。朝鮮京城竜山に京城出張所開設。
1937
(昭和12年)
佐久間パブコ工業(株)天津出張所開設。
1938
(昭和13年)
佐久間パブコ工業(株)、佐久間工業(株)と改称す。1920年(大正9年)設立の山形製紙(株)が東洋紙工(株)となる。川口市に合資会社東洋製紙を設立する。
1941
(昭和16年)
佐久間工業(株)米国資本が入っていたため、統括会社となり、別会社新興工業(株)を設立運営を移行する。陸軍需品本廠監督工場に指定される。
1942
(昭和17年)
5.13企業整備令公布に伴い関連企業が集まる。
1943
(昭和18年)
資本金 1,486,000円をもって発足。

企業整備令に基づき佐久間工業(株)ほか、4社(合)東洋製紙、東洋紙工(株)東京色紙(株)、小林化学工業(株)が合併、日新工業株式会社と改称発足。
当初はウエルド、ウエルドルーフィング、アスファルトフェルト、アスファルトルーフィング、砂付きルーフィングなどを販売する。
1944
(昭和19年)
海軍管理工場に指定される。
1945
(昭和20年)
東京空襲にて綾瀬工場消失する。東京工場ルーフィング加工機を山形工場に疎開する。
1946
(昭和21年)
東京ルーフィング工業会設立。
1947
(昭和22年)
東京工場、本社及び山形工場に労働組合結成。
1950
(昭和25年)
新製品カバリューム(アスファルト系長尺床材)を発売する。 1948
1951
(昭和26年)
東京工場第2号機工場及び調油場再建完成する。大阪支店移転。東京工場屋根布用倉庫新築。九州営業所開設。
1952
(昭和27年)
東京工場丸網抄紙機改造。山形工場抄紙機改造。東京工場応接所、研究室、事務所類焼。
1953
(昭和28年)
資本金 5,000,000円に増資。

東京工場抄紙工場増設。東京工場分工場敷地建物買収す。東京都足立区曙町。創立10周年。
1954
(昭和29年)
新製品プラスリウム(合成樹脂系長尺床材)を発売する。
1955
(昭和30年)
広島出張所開設(広島市中区八丁堀12-16)。
1956
(昭和31年)
資本金 20,000,000円に増資。

エスタイル工場完成、床材業界に進出する。
新製品メルタンルーフィング(ゴムアスルーフィング)。プラスタリウムPC-2(長尺塩ビ系長尺床材)。ペーブシール(耐油性目地シール材)。石面タイル(玉石ルーフ)を発売する。
1957
(昭和32年)
資本金 23,200,000円に増資。

経済事情の安定持続により、業績は終戦以来の上昇を示す。
1958
(昭和33年)
新製品アスファルトプライマー、ハイダック(非加流ゴムシート防水材)、アルプロート(アスファルト系目地シール材)を発売する。
1959
(昭和34年)
タイル第2工場建設委員会発足。
新製品チオコール系コーキング材、アスファルトルーフコーチング、アルミコート、シグマート(S・L)を発売する。
1960
(昭和35年)
社報(日新)創刊号発行。名古屋営業所、札幌営業所を開設。
新製品コットンメッシュ13目。ニチロンメッシュ、アルマックルーフィング(アルミ箔シール)を発売する。
1960
1961
(昭和36年)
九州営業所、開所10周年記念式典開催す。山形工場に損紙処理機「YSマスター」完成。
1962
(昭和37年)
相臺社長の母校(和歌山県日高郡中津村)高津尾小学校に村民一同より頌徳碑が建立される(10月9日)。
1963
(昭和38年)
創立20周年船橋ヘルスセンターにて祝賀式開催。塗膜防水NS防水工法始まる。山形工場堅型スクリーン新設される。日本アスファルト防水工業協同組合発足。
新製品ダンプレスシート、テープコーキング(テープ状シーリング材)自動車用、SPウエルド、NS防水を発売する。
1963
1964
(昭和39年)
新製品ピロフェルトを発売する。
1965
(昭和40年)
山形工場完成(山形市大字南館字中河原438)。原紙生産能力大幅に上昇。 1965
1966
(昭和41年)
床材ビニルタイルJIS製品規格に制定指定商品となる。
「NS防水」銚子魚市場の大型工事においてデビュー施工(施工面積18,000m2)。
新製品NPシートを発売する。
1966
1967
(昭和42年)
東京工場丸網式抄紙機1基山形工場に移転。同工場3号抄紙機として稼働。東京第2工場にて新鋭加工1号機運転。東京本社と山形工場間にテレックス開通。
企業年金制度採用実施。
1968
(昭和43年)
カナダ製住宅用新屋根葺材のBPシングル輸入販売、関西方面で好評。
東京第2工場無災害記録達成により表彰。
新製品アルファー、EPコート、BPシングルを発売する。
1969
(昭和44年)
本社社員による日新工業労働組合と埼玉工場社員による埼玉工場労働組合が分離される。販売力強化のため、本社販売部門を分離独立させ東京営業所を開設。
日新東京交友会結成される。
コーキングJIS指定工場となる。通産大臣より日本工業規格表示許可授与。ビニエスタイルのJIS指定工場となる。コーキングに引き続きJISマーク表示許可工場に指定される。
1969
1970
(昭和45年)
NS防水材料が日本万国博覧会関係に採用される。
新製品プレノテクト、ピロウエルドを発売する。
1970
1971
(昭和46年)
新製品バンルーフ、マルエスコンパウンド3・4号、シングルを発売する。
1972
(昭和47年)
埼玉工場新鋭5号機竣工──SPVB70、SPVB、バイロン、ピロフェルト、MB・VB等の製造。
新製品エスホール、マルエスボードを発売。
1972
1973
(昭和48年)
第1回防水技術者養成所開設。
新製品ラグホール、エスカントを発売する。
1974
(昭和49年)
北海道工場新設、アスファルト、フェルト類製造。ルーフィング、ターフェルト機完成。
日新工業建築設計競技大会開催(第1回)。
新製品NPシート2号、カスタムコーチングを発売する。
1975
(昭和50年)
資本金 46,400,000円に増資。

新製品パラクッション、ハニカムシングル、SGコートIを発売する。
1976
(昭和51年)
仙台出張所開設。
新製品マルエスバー、ネオアルファーを発売する。
1977
(昭和52年)
年頭の4大目標
1.ノークレーム運動の展開
2.生産コストの低減、経費の節約
3.製品の取捨選択の確立
4.営業力の強化
・ルーフィング関係…建築用製品に加え土木用製品にも力を注ぐ。
・中国、韓国、東南アジア、中近東などに輸出の実績のばす。
・東京第2工場を埼玉工場に移設、合理化を図る。
昭和51年度再資源化事業の実績が優れ再資源化の振興に貢献するところが多大であると認められ、財団法人クリーンジャパンセンターより表彰される。
新製品ビニウェルドルーフィング、SGキャップ、バイロンルーフィングS、フォームグラス、エスキャップ、ネオウェルド、SPビニロン70Sを発売する。
1977
1978
(昭和53年)
本社新社屋が落成。
カスタムPA土木防水進出。埼玉工場エラスタイト製造機新設。
創立35周年。
新製品建築用、シングル用、土木用各種カスタムルーフィング発表。トップタイト、アルサンドルーフィングを発売する。
1979
(昭和54年)
北海道工場ルーフィング製造機の新設。床タイルの製造中止。
新製品ユータム防水(ゴムアス複合工法)、グラスホール、ロッコート、アルミコーピングを発売する。
1980
(昭和55年)
新製品BKボード、アルミフラッシングFA-40、カスタムボード、SPビニロン80、カスタムプライマーKS、SPエース、SPサンド、SPセレクト、メルタン1号、SGウェルドルーフィング、マルエスタイト、メルタン2号を発売する。
1981
(昭和56年)
新製品メルタンキャップ、カスタムボードGを発売する。
1982
(昭和57年)
新製品ICブロック、プライマーAQを発売する。
1983
(昭和58年)
日新防水技術者養成所の卒業生10回目で254名となる。
新発売サブコート、アルミバー、ベストロン、RPコート、カスタムSAS、ハウスルーフ1・2号を発売する。
1984
(昭和59年)
埼玉工場JIS許可工場となる。
日新工業株式会社創立40周年記念刊行書(アスファルトルーフィングのルーツを訪ねて)を刊行、高評価を得る。
水コンペの愛称で知名度が年々高まっている日新工業建築設計競技会も10回目を迎え、海外からの応募者も含め確実に定着する。
新製品マルエスシーラー、オーソレ工法を発売する。
1984
1985
(昭和60年)
新製品カスタムシートシリーズ、フットバン、シングル用水切金物、プロテクション、カチトールを発売する。
1986
(昭和61年)
山形工場に新鋭抄紙機完成。埼玉工場改質アスファルト製造設備大増設。無臭無煙釜、五連バーナー開発。
新製品としてベストロンランダム、メルタン21、メルタンキャップ21、新ハイウォールシリーズを発売する。
1986
1987
(昭和62年)
新製品マルエス不燃シングルSPシリーズを発売する。
1988
(昭和63年)
マスコットキャラクター“カッパ”ミズ太郎誕生。 1988
1989
(平成元年)
資本金 51,040,000円に増資。
1990
(平成2年)
山形工場マルエスボード、マスシール製造開始。北海道工場、原紙ルーバーの増設。
新製品ピーケコートを発売する。
1991
(平成3年)
東京日本橋に、日新中央ビルを建設、営業部門を移転。
1992
(平成4年)
植栽システム「カナート工法」発売。
創立70周年式典を全国主要都市で開催。
代表取締役社長相臺淳吉、科学技術庁長官賞受賞。
日本建築学会建築工事標準仕様書(JASS8防水工事)の改訂に伴い、改質アスファルトルーフィングによるトーチ工法が正式採用される。
1992
1993
(平成5年)
新製品「メカトップ」発売。
1995
(平成7年)
埼玉工場が、品質管理・品質保証の国際規格(ISO9002)を建材試験センターより取得。
1997
(平成9年)
資本金 83,000,000円に増資。
新製品「カッパールーフ2号」「PFスタンド」を発売。
1999
(平成11年)
資本金 84,177,820円に増資。
環境保全型アスファルト防水『ピロウエルド新熱工法』施工技術審査証明を取得
2000
(平成12年)
資本金 88,000,000円に増資。
特定4品目についてグリーンマーク取得(古紙再生促進センター)
2001
(平成13年)
品質管理・品質保証国際規格(ISO9000)登録更新。
2004
(平成16年)

営業部門本社移転。
環境に優しい低臭低煙を実現したアスファルト「シグマートE」を開発、販売開始。
遮熱塗料「プレクール」を開発、販売開始。

2005
(平成17年)
Sデッキシステム(鋼製下地アスファルト防水システム)を上市。
2007
(平成19年)
プレストシステム(湿気硬化型アスファルト防水)を上市。
2011
(平成23年)
PVマルチシステム(太陽電池設置システム)を上市。
2012
(平成24年)
次世代の緑化システム「カナートグリーンビズG」を開発、販売開始。
2013
(平成25年)
アースキーパー(保水パネル)を上市。
 

privacy policy