資料請求 サイトマップ ダウンロード お問い合せ
建築防水 屋上仕上材 太陽光関連 防水改修 土木防水 戸建住宅 コンペ 会社概要 HOME
トップエコへの取り組みPFシステム
乾式浮き床仕上げ工法 PFシステム
屋上・ベランダ・テラスなどの高さを任意に調整できる支持脚と多彩な仕上げ材から構成される乾式浮床仕上げ工法です。バリアフリー設計などの自由なデザインを可能にします。
バリアフリー設計・自由なデザイン

機能的な支持脚『PFスタンド』は、最小で17mmから最大700mmの高さまで任意に調整できます。バリアフリー設計など自由なデザインを可能にし、特に病院や介護施設(特別養護
老人ホーム等)の建物には、非常に便利なシステムです。


多彩な仕上げ材と荷重低減

多彩な仕上げ材とPFスタンドで構成されるPFシステムは、防水層及び断熱材の上に直接施工することができます。押えコンクリートを打設する必要がなく、軽量化された保護仕上げシステムです。


仕上げ材重量一覧
  PFパネル PFロックパネル
外観
重量 約98kg/m2
  PFウッドパネル PFリコウッドタイルP PFウッドタイルM
外観
重量 約37kg/m2 約25kg/m2 約26kg/m2
押えコンクリート(t=100mm)を打設した場合は約230kgになり、PFパネルと比較すと1m2で約130kgの差があります。

温度低減効果

屋上等に使用した場合、仕上げ材は太陽光等により表面温度が上昇しますが、PFシステムの下側には空気層が形成されているため、スラブに直接熱が伝わりません。そのため室内へ熱が伝わりにくくなり、温度低減効果が得られ、省エネ効果にも繋がります。


材料はリサイクル原料

仕上げ材のPFリコウッドパネルPの原材料は、木やプラスチックの加工端材や建築廃材等のリサイクル原料を使用しています。


使用後リサイクル使用が可能

PFリコウッドパネルPは使用した後も粉砕することにより同製品へのリサクル使用が可能です。


再生材

PFスタンドは、再生ポリプロピレンを70%使用している樹脂性スタンドです。


再利用

一度設置したPFスタンド・仕上げ材PFパネル等は、改修工事時に一時撤去することで、再利用ができます。