資料請求 サイトマップ ダウンロード お問い合せ
建築防水 屋上仕上材 太陽光関連 防水改修 土木防水 戸建住宅 コンペ 会社概要 HOME
エコへの取り組み
トップエコへの取り組みプレストシステム
常温積層アスファルト防水工法 プレストシステム
従来のアスファルト防水とは異なり、施工時に発生する臭気や煙、二酸化炭素の発生を削減する環境に配慮したアスファルト防水工法です。
高い防水性能

プレストシステムは、“無火気” “無煙” “無臭”を実現した完全無溶剤型改質アスファルト『プレストコート』を使用し、信頼性の高い改質アスファルトルーフィングと積層一体化することにより、従来の熱アスファルト積層工法と同様の高い防水性能を発揮します。


優れた安全性

材料には有機溶剤や特定科学物質を含まないため、作業者に対する安全性が高く、施工現場周辺の環境に影響を与えません。


環境負荷の削減低減

施工時に火気を一切使用しないため、燃料の消費やそこから発生するエネルギー(主に熱)、二酸化炭素の発生量を削減できます。

  1. 燃料は灯油、灯油の発熱量を36700kJ/Lとして試算
  2. 消費エネルギー量は、使用工事用アスファルトが適正粘度までの加熱及び同温度を6時間維持するのに必要なエネルギー
    (適正粘度温度 新熱工法200℃,公共建築仕様270℃)
新熱工法は、環境対応型アスファルトを用いて粘着層付絶縁ルーフィングと熱アス工法を併用する工法です。