資料請求 サイトマップ ダウンロード お問い合せ
建築防水 屋上仕上材 太陽光関連 防水改修 土木防水 戸建住宅 コンペ 会社概要 HOME
土木防水 橋梁床板防水  コンクリート耐久性向上 産業廃棄物処分場 施工実績 技術資料
トップ土木防水コンクリート耐久性向上ONR工法Part3
橋梁床板防水
コンクリート耐久性向上
廃棄物最終処分場
施工実績
技術資料
ONR工法 はく落防止仕様
 
 近年トンネルや高架橋のコンクリート片の落下が社会問題となっています。
ONR工業会ではこの問題にいち早く対処し、これまで培ってきた技術を応用して、この度「コンクリート片はく落防止」用ONR工法Part3を開発しました。
従来コンクリート構造物(RC,PC)は耐久性に優れていると言われ、社会資本整備の基盤を成してきましたが、塩害を始めアルカリ骨材反応、中性化、凍害等により劣化が生じています。この劣化現象によりコンクリートが損傷を受け、コンクリート構造物の一部がはく落することが認められています。このようなコンクリート片はく落により発生する第三者被災を未然に防止するのがONR工法Part3です。
ONR工法 はく落防止仕様

 

 ONR工法 はく落防止仕様

 

ONR工法Part3の特長

 

1
塗装材はゴム系であるのでビニロン繊維と同様伸びが大きく、ビニロン繊維と一体となってコンクリート片はく落荷重に十分に対応する。また伸びが大きいためひび割れ追従性が非常に良い。

2
表面塗装には耐候性、摩耗性に優れたオーソレFを使用している。

3
はく落防止の機能とあわせて塗装材は塩害劣化防止、アルカリ骨材反応抑制、中性化劣化防止機能も兼ね備えている。

4
押抜き試験の結果、変位が10mm以上における最大荷重は1.5KN以上である。

5
中塗りのオーソレNRは適度の粘性があり、ビニロン繊維を張り易い等施工性に優れている。

 

ONR工法 はく落防止仕様
ONR工法 はく落防止仕様

 

ONR工法Part1 ONR工法Part2 ONR工法 はく落防止仕様
 
 

privacy policy